早朝 血圧

早期高血圧について

高血圧には実はいろいろな呼び方があります。

 

白衣高血圧のほかには「早期高血圧」という高血圧があります。一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

血圧は誰でも常に変化しているものです。一日の中でも朝と夜では数値に違いがあります。通常、朝は高くなっており、夜寝ている間は低くなっています。
しかし、早期高血圧では朝の血圧が大幅に上昇してしまいます。

 

その見分け方としては朝と夜の収縮期血圧を足して割った平均値が135以上で、その差が15〜20以上あると早期高血圧と呼ばれます。さらにこの早期高血圧は二つに分類されていきます。血圧の上昇の仕方によって分類されていて、「ディッパー型」、「ノンディッパー型」と呼ばれます。

 

まずディッパー型ですが、朝目が覚めると同時に血圧が上昇するのが特徴です。そしてノンディッパー型は夜になっても血圧が下がらずに、ゆるやかに上昇していくのが特徴です。加齢とともに、このノンディッパー型の早期高血圧の方が増えていきます。

 

このノンディッパー型が怖いのは、夜になっても血圧が低下しないために脳血管疾患や虚血性心疾患を引き起こす可能性が高まってしまうことです。糖尿病や心不全、睡眠時無呼吸症候群といった病気にすでにかかっている人はノンディッパー型の早期高血圧になりやすいと言われています。

 

また早朝の血圧と夜間の血圧の数値に大きな差がある場合「モーニングサージ」と呼ばれているのはご存知でしょうか。
このようなモーニングサージの状態にある人は脳卒中の危険性が通常の3倍にまで高まると言われています。

 

さて、高血圧にはいろいろな呼び方があり、血圧の上昇の仕方や数値によって細かく分類されていることがよくお分かりいただけましたでしょうか。
自分の血圧の状態はどのタイプに当てはまるのか確認してみてください。